総合防災センター等の利用拡大について
鈴木 ひでし 議員(横浜市鶴見区)
 質問要旨
 今年度、総合防災センターの体験フロアなどがリニューアルされ、県民がよりリアルな体験ができるようになる。また、消防学校も、市町の消防本部や、地域の消防団などが実戦的な訓練を行うディザスターシティとして整備される。
 高い費用をかけて整備するのだから、両施設がより多く利用されるような検討を進めるべきである。
 例えば、ディザスターシティは、県外の関係機関に料金を取って貸し出すことが考えられる。また、総合防災センターの体験施設は、外国人も含め、本県を訪れる観光客に利用してもらう工夫が必要である。
 
 そこで、総合防災センターを観光拠点の一つと捉え、防災をテーマにした観光ルートを検討するといった、新たな発想も必要だと考えるが、総合防災センターや消防学校における新たな施設整備に伴い、その利用拡大に向けて、どのように取り組んでいくのか、所見を伺いたい。


 知事答弁
 災害時に県民が自らの命を守る「自助」を促進するうえで、災害を擬似体験し、その恐怖を実感しながら、適切な対処方法を学ぶことは、大変有効です。
 県では今年度、防災の普及啓発拠点である総合防災センターを機能強化し、屋内外や学校、商業施設などのリアルな映像を背景にした地震体験コーナーや、手話や英語による案内機能も備えた、津波や火山災害の迫力ある防災シアターなどを整備します。
 近年、地震や風水害などの自然災害が頻発し、防災に関する関心が高まる中で、こうした体験型施設は、県民だけでなく、国内外の観光客にとって、魅力的な施設になると考えています。
 このような中、県では、ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピックに向け、国内外から観光客を誘致するため、新たな観光資源を発掘し、磨き上げ、それらを周遊する1,000本のツアーを企画、商品化する取組を進めています。
 そこで、総合防災センターを新たな観光資源と捉え、機能強化を機に、1,000本ツアーのモデルルートに組み入れるとともに、県の観光情報サイト「観光かながわNOW」や外国人観光客向けの「Tokyo Day Trip」で、積極的にPRしてまいります。
 さらに、県では今年度、総合防災センターに併設する消防学校に、市町の消防本部や地域の消防団が、実践的な救助訓練を行う施設として、かながわ版ディザスターシティを整備します。
 そこで、総合防災センターの来訪者が、ディザスターシティでの真剣な訓練の様子を、訓練に支障のない範囲で、見学できる工夫も図ってまいります。
また、県内の消防本部や消防団の訓練がない場合には、一定の負担をいただくことを前提に、県外の関係機関の訓練も積極的に受け入れていきます。
 県としては、総合防災センターと消防学校の施設整備を契機に、防災と観光のコラボという新たな発想で、これまで以上の利用拡大を図り、県内外の観光客による県内消費の拡大にも、つなげてまいります。

 要望
 私は先ほどから本当にありがたいと思ったのは、きっと防災局と産業労働の観光の方が一生懸命、答弁をまた裏で支えてくださったのだと思います。ディザスターシティについても、ひとつの観光ルートとして作ってくださる。ありがたいことだと思います。
 税収を増やしていくのは、今後、県自らが取り組む時代だと私は訴えたい。これだけ税収も下がっていく中で、行政が問われる時代が到来した場合、今後どうしていくのか。
 どうぞ、今後とも、なお一層のご精進をお願いいたします。